img

ニュース詳細

ローンファンドに新たに2つのカテゴリーを追加しました!

2018/01/24 掲載

この度、新しいファンドカテゴリーが追加されましたのでお知らせいたします。
 

既存カテゴリーの「ヘルスケア」、「ホテル」に加え、
新たに「レジデンス」、「開発」を追加いたしました。
 

■レジデンス(住居系)・プレリートファンドの特徴
東京23区を中心とした、立地条件や品質等の点で優位性の高い賃貸マンションが主な投資対象となります。
リート市場においても住宅セクターは堅調であり、
今後は日本版CCRC構想(※)の実現に向けての取り組みも検討しております。

※日本版CCRC構想・・・「東京圏をはじめとする高齢者が、自らの希望に応じて地方に移り住み、
地域社会において健康でアクティブな生活を送るとともに、
医療介護が必要な時には継続的なケアを受けることができるような地域づくり」を目指すものである。

本構想の意義としては、①高齢者の希望の実現、②地方へのひとの流れの推進、 ③東京圏の高齢化問題への対応、の3つの点があげられる。
日本版CCRC構想有識者会議 日本版CCRC構想(素案)より
 

■開発ファンドの特徴
国内人口構造の推移と見通しにもとづく対象エリアのマーケットを反映したうえで、
開発フェーズにおける適切な事業パートナーを選定し、不動産開発事業を行います。
建物竣工後は、プレリート・ファンドへ、そしてリートへと繋いでいきます。


「ホテル」、「レジデンス」、「開発」のカテゴリーに関しましては、
まだ、投資商品をご案内できておりませんが、
これからは、4つのカテゴリーにて
投資家の皆様へ魅力ある商品をご紹介できるよう精進して参ります。